Cherry Town 2F-H,2-3-5,tatsuminaka,okazaki-city,AICHI,444-0879
ひとつひとつ。




ある日届いた一枚の封筒。

ハガキ一枚で届くことの多い展示会の案内ですが

今期のカタログ、円状のDM、ブランドの紹介、と

そこには自分のブランドをより知って頂きたいという気持ちが篭っていました。


それでも疑り深い私。

ボンヤリとしたイメージで

ほんわりと可愛らしいお洋服を作るブランド、

素敵だけれど少し若過ぎるかな、というイメージでした。

展示会で実物を見て、「違う」、と思ったら止めようと

気持ち半分で伺ったその場所。

(ここで展示会を行うブランドは間違いない)

そう記憶しているあの古いマンションの一室でした。

そうしてゆっくり眺めて話しながら細かいところまで目を凝らし・・・

この辺りではもう決めていました。



そう、このブランドのアイコンといってもいい

「追憶のスモックドレス」

はじめましてはまずこちらから。





優しく包み込むような柔らかなガーゼ。



アンティークのスモックとメディカルウェアをミックスさせた

デザインは見頃はゆったりで袖は短め。

古い洋書がよく似合う。



タブリクに合わせて大人っぽく。





裏のタグもつけたままにしたい。


そして最後は・・・




ボタン。

・・・・ほら、フェブリエにぴったりでしょ!

ようこそフェブリエへ!





石ひとつひとつ

木々の梢ひとつひとつ

雲ひとつひとつ

水の光ひとつひとつ


長田弘
いちばん静かな秋より



カタログの一番最後に添えられた詩


北海道に根をおろし

日々を大切に生きるご夫婦

メールのやり取りひとつひとつにも

真っ直ぐで

丁寧で

真摯に向き合う姿が感じられ

あ〜良き出会いを頂いちゃったな〜と

嬉しさを噛み締めながら

皆様にご紹介しております。

ぜひ。

 

http://fevrier-2.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=2078876&sort=n

 

売り切れでも追加可能な場合がございますので

お気軽にお問い合わせください。
 

| 新入荷 | 17:37 | comments(0) |フェブリエ|