Cherry Town 2F-H,2-3-5,tatsuminaka,okazaki-city,AICHI,444-0879
<< 重ねる喜び | main | 諦めさせてしまった方へ >>
つくりのいいもの




こんにちは。

今日は雨。寒くなりました。

そろそろ始まりますね、冬支度。

まずは新しいものから。

雑誌、「アンドプレミアム」は立ち読みが多いのですが

つくりのいいもの特集の時は買います。




11月号に掲載されているこちらのマントコート。

テンハンドクラフテッドモダンの新作です。



スーパー180sウールという劇的に細い繊維で作られた生地は

カシミアに匹敵すると言われるほど。

滑らかで滑らかで頬ずりしたくなる気持ちを抑えるのに必死。



明るめに撮影しました。

このポケット脇のスリットから手を出し入れ出来ます。



袖を通す時はボタンで閉じられます。



袖を通してボタンを閉め忘れた図です笑。

でもスリットとして見せても軽やかで素敵だと思いません?

タブリクの刷毛染めチラ見せワザ。



フードを付けてマントとして。

モダンとブランド名に付けられるだけあって一見シンプルなデザインの

ブランドのコートをこのタブリクのスカートに合わせた時の高揚感と言ったら。。。

合うー!合うよー!と茶臼山に向かって叫びたい気持ち。


売り切れちゃったけど袖の長いオネットのタートルも最高に合います。



もちろん同じブランドのネイビーコーデでまとめても。



フードを取るとフォーマルにも使えるので

「卒業式があるから仕方なく・・ね。」

なんていう言い訳も出来ます。

裏地はありませんが必要ないほど暖かく軽やか。

着れば着るほど納得の、つくりのいいもの。なのです。



そして寒くなったらこれ。

圧縮ウールシリーズ。

全部で3型。



コレは正直、普通に考えたら売れないと思った。

でもどうしても欲しかった。扱いたかった。

コレを取らないならお店をやっている意味がないとすら思ったワンピ。



圧縮ウールの良いところは切りっぱなしでいいところ。

フェチの多さに頷く毎日です。

それをコートやジャケットではなくワンピースにしてしまう遊びゴコロ。

コレを紹介できるという事は洋服屋冥利に尽きます。

これ以上の幸せはないという事です。

はー好き過ぎる。

一枚で充分暖かいですよ。




こちらはニットジャケット。



なんだか後ろ姿が可愛いシルエット。

折り紙のような立体パターンがキレイで

シンプルにヴェリテの黒いパンツだけにしました。



こちらはニットコート。

コートほどかっちりとしてないけど

軽くてシルエットの美しさにうっとりな一着です。

ブルーグレーのみ。このクールで温かみのあるお色に惚れました。




この上質な圧縮ウール。

どうしても毛玉や毛羽は出来たり付いたりします。

それを大丈夫かと前もって聞く私にある方は言いました。

「着たいものだからそれは気にしません。」

 

「ワンちゃんを抱っこしてると思えば^ ^です」と。

 

なんと素敵な!!

そう、毛玉や毛羽は2番目に考えることで

一番はこのお洋服を着たい気持ちなんですよね。

「お洗濯出来ますか?」

「毛玉ができますか?」

「太って見えますか?」

それも全部2番目。

そういう質問が多い事も当たり前の事。

お手入れは長く着るために大切な事ですから。

でもでも一番大切な事はそこでは無い、突き動かされる気持ちだとという事を

お客様から教えて頂きました。

「バカバカ」ってマンガみたいに自分の頭をポカポカ殴りたくなりました。


使いやすい

手入れが楽

合わせやすい

それはそれが得意なお店に任せましょ。

私は私の好きなもの

突き動かされるものを

ご紹介していく事が自分の仕事だと腹を括って

歩いていくだけです。


そんな私の選んだつくりのいいもの。

お店でもオンラインでも

見ていただけると嬉しいです。
























 

| 新入荷 | 16:21 | comments(0) |フェブリエ|
コメント
コメントする