Cherry Town 2F-H,2-3-5,tatsuminaka,okazaki-city,AICHI,444-0879
<< 12月の営業カレンダー | main | カシミア&ニットの洗濯とお手入れ法 >>
染めを愉しむ。



今日から師走。

今月もよろしくお願い致します^ ^

洋服屋は12月と6月は一番のんびりできる時期。

セールをやめてからは特にです。

そんな時期にじわじわとやってきました、タブリクが。



墨染のタッセルスカート。


オリジナルのタッセル付きの紐を



グルグルに巻いて着付けます。

先日デザイナーの手島さんに教えていただいたのが・・



半分巻き(斬新!)

折りたたむことによってボリュームが出て

さらにはタッセルの可愛さが目立つという

これも計算なら凄すぎるよ、手島さん。。。



こちらは紐をホルターとウエストで結んだバージョン。

ちょっと恥ずかしいけれど、上からカーデやローブを羽織れば

私でも着られそうです。



こちらはリネン100%のギャザーローブ。

何度でも言いますが着痩せするんです。

これがゆったりしているなんて見えないでしょ?



バックスタイルも相変わらず。

裾のアシンメトリーを楽しんでくださいね。



最後は泥染めです。

秋らしい、キレイなブラウン。




ニットやストールを重ねて、冬のオシャレを楽しんでくださいね。

(画像のストールも再入荷しています)

タブリクはこちら
http://fevrier-2.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1592384&sort=n

 

おかげさまで完売しました。ありがとうございました。

次回の入荷を楽しみにお待ちくださいね。



タブリクは、年を重ねる自分をなんだか好きになれるお洋服。

そして忘れかけていた、オシャレの創意工夫を思い出させてくれる

ブランドさんです。

そしてこれに見合う自分とお店でありたいといつも思います。

ずっと昔、何処かで見て憧れていたタブリク。

お店を始めて少し経った頃、

ずっと憧れたままで良いのか?と自問自答して思い切って連絡しました。

お会いした手島さんは同じ年代の可愛らしい、でも芯のある方。

もっと年上の方かと思い込んでいたので驚きました。

そしてその頃からもっと自分と自分のお店に誇りを持とうと思うようになりました。

「自分なんて」、
「うちのお店なんて」、

というのはブランドさん、デザイナーさんにとても失礼だし、

来てくださるお客様、お店を通じて仲良くしてくれている友達にもすごく失礼だと思ったからです。

もちろん自信なんて相変わらず無いし

謙遜する気持ちは忘れてはいけないけれど、

そういう気持ちにさせてくれた理由の一つは

タブリクさんをお取り扱いできた事も大きいと

思っています。

今期もたくさんオーダーしましたが

少し遅れているようで

お待ち頂いている方、すみませんがもう暫く

楽しみにお待ちいただけると幸いです。


今日もたくさんのご注文ありがとうございます。









 

| 新入荷 | 14:23 | comments(0) |フェブリエ|
コメント
コメントする