Cherry Town 2F-H,2-3-5,tatsuminaka,okazaki-city,AICHI,444-0879
<< ミルクホワイトなニットガウン。 | main | 秋のリネンターバン予約会 >>
ドレスシャツの細やかさ


こんにちは。

だいぶ日が経ってしまいました。

皆さんお元気ですか?

私はどうもブログを書くと何かが消化出来るようで

最近消化不良状態。

お店の入荷ラッシュとたくさんのご来店に程よい疲れとパワーを貰っています。



だけどこれだけはもう直ぐにでもお伝えしたい!

そう、それが表題の、BRENA(ブレナ)のアトリエワンピースです。

まずは最初の画像の縫い目の細かさ、伝わりますか?

ドレスシャツ工場でのみ仕立てられるこの細やかな縫い目。

今まで他のブランドさんでは見たことが無かったので初めて見た時は釘付けでした。

ただただキレイだと感じられます。

そして形は大好きなアトリエワンピ。



ゆったりとしたアームと後ろのギャザーは作業がしやすいように、という

目的でのことですが、もう立派なデザインとして成立していますね。

うっとり。。



この画像が一番このワンピの良さが出ていると思います。

後ろがゆったり膨らみのあるシルエット。



前はこんなにシンプルなバンドカラー。

ブラックは特にこのシャツのかっこよさが際立ちます。

そう、最近、リネンだけでは顔が追いつかない笑。

程よいツヤ感やハリ、しなりが洋服にあると顔が明るく見えます。

ホワイトももちろんレフ板効果が高いですが、

このブラックの鈍いツヤ感は本当にカッコいいのです。



生地にキュプラが入っており、コットンのハリとキュプラのツヤが

アトリエワンピに乗っかればそれはもう不思議な素敵さ。

勿論、サテンのピカピカとは全然違って良い光沢です。

こういうワンピはコットンやリネンが多いですから。。



生地は薄くありません。

しっかりとしていて秋冬にぴったり。



ニットガウンのロングとはバランスが良すぎてびっくり。



新作のオーギャルソンのパンツとは相性が良すぎる。


羽織れる。

なのに19800yen +tax。


私は38にしました。

11号の方やゆったり羽織にしたい方は40がオススメです。

こういう聞き慣れないブランドのものを初めて買うのは

悩むかもしれませんが、ぜひ手にとって頂きたいお品です。

ホワイトはスッキリと潔い方。
ブラックは可愛いよりカッコいいが好きな方。

ご覧頂けると嬉しいです。

http://fevrier-2.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1808635&sort=n







今日もありがとうございます。







 
| その他 | 16:02 | comments(0) |フェブリエ|
コメント
コメントする