Cherry Town 2F-H,2-3-5,tatsuminaka,okazaki-city,AICHI,444-0879
「幸福」と「興奮」



こんにちは。

早いところでは春物もチラホラ見かけますが、

しっかりとその季節に合わせて届けてくれるのがタブリクさん。

早過ぎる世の中のペースに惑わされることなく、「今」を意識させてくれます。



ショッキングピンクのストール。

画像では落ち着いて見えますがしっかりとショッキングピンクです。



ミンク混のホワホワフリンジが良い。



そのまま襟に沿わせて縦長のラインを作って着るのも素敵です。


そして、



合わせているのがギャザーローブ。

今回はラック染めにミロバラン染めを重ねています。

[フェザーパープル]というネーミングセンスに脱帽。。

紫がかったグレーは吸い込まれそうな美しさ。



同じ染めのスカートもありますが素材が違うと色の乗り方や風合いも

異なります。

こちらはしっかりとリネンのシボをお楽しみ頂けます。

ラスフラのサテンスカートに合わせてみました。




そしてそして



ベルベットワンピース。

これこれ、本当に素敵です。



トップスはシルク混の黒いベルベット

スカート部分はラミーとリヨセルの滑らかな素材。

そしてベルベットリボンにシルクのタッセル。



もう何度も言ってますが触ったり着たり撮影してると

興奮してきちゃって鼻息も荒くなっちゃうんです。。

目で見て楽しんで

撮って楽しんで

やっと着て、着心地の良さ、軽さ、シルエットを楽しんで

最後に撮影した画像を見ながら楽しむ。

そしてオンラインにアップして

ブログで紹介して

インスタにあげる。

ここまでの長いプロセス全てを楽しませてくれる「何か」

これがタブリクさんの魔力です。

「幸福」と「興奮」

題名の意味がお分かり頂けましたよね^ ^



リボンは前でも後ろでも。



同素材のリバーシブルジレを合わせて。

このコーデが一番好き。ホントに好き。大好き。

まだまだ興奮は治まりそうにありません笑。

タブリクはこちら
http://fevrier-2.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1592384&sort=n



年が明けて少し経ち、何故か気持ちが沈んでいましたが

タブリクと、大好きなお客様のお陰で少しづつ上がってきました!

そろそろエンジンかけなくちゃね。

今日もありがとうございます。


 
| Tabrik(タブリク) | 14:32 | comments(0) |フェブリエ|
第2章




今日も残業。

明日まで待てない性分です。

土曜に届いたタブリクの第2便。

ポーランドの女性詩人パブーシャをイメージしたコレクション。

今日はそんなイメージにぴったりの3点をご紹介しますね。



リバーシブルジレ。

実は昨年のものなんですが昨年は瞬く間に売れてしまい、

こうしてご紹介するのは初めて。

本当にこれはシビれます。

何処がって?





ここです。

裏側の右見頃の切り替え部分だけに金糸が手縫いで縫いとめられています。

すごい感性。



あー黒いワンピと合わせれば良かった!

明日また撮りましょ!

(素敵なものを見るともっともっと撮影したくなる)



実は昨年は今より太ってて着れなかった(キツかった)んです。

今日は肩と腕がスッと入って正直ホッとしました。

と同時に着れないから買えないと思っていたのに買えてしまうではないかー!

と欲まみれな自分がもくもくと。。。

もう誰か先に買ってください(笑)



ロングジレ。

毛足の長い、ツヤ感のあるウールシャギーに

脇にはシルクベルベット。



ポケットにもなっています。

ロングジレ。持ってます?

これ、いつものアイテムにプラスするだけでハイクラスの上級者になります。



ね!

前にファクトリーのロングジレもそうでした。



脇の切り替えを明るめで撮影しました。



中央にはアンティークのパーツがデザイナー自らの手で縫われています。

ぴえん。

(使い方違うと思うけど泣けるほどグッとくるからこれで。)



脇がプリーツのカシュクール。

・・を内側でリボンで結んでローブにしました。

だってジレと合わせたかったから。



こちらは普通に着てウエストをシェイプ。

見頃はジェケットやコートにもなるくらい肉厚の起毛コットンです。

暖冬にはこれにストールで充分。



何気に好きなのが後ろのデザイン。



タックが中央に寄せてあるので

立体的なシルエットになります。



私の脳みその中では今回の3点とストール



がパブーシャの人物像に、より添ったお品だと思っています。

ストールも昨年のコレクションにもあったんですけどね。

より雰囲気を出せるアイテムなんです。

特にモハモハのフリンジが。

 

歩くとさらに。




明日はクリスマス。

我が家は娘のコンクールが26日なので

26日にプレゼントを渡します。

娘・女優ミラーとカラコン

息子・プレステ4

は〜。毎年値段が上がってくやん。


タブリクのコレクションをクリプレに・・・

貰ってみたいもんですね^ ^

誰も買ってくれないから自分で買いましょ。

自分を可愛がりましょ。



今日ありがとうございます。









 

| Tabrik(タブリク) | 17:41 | comments(0) |フェブリエ|
厳しい冬を越えてゆく




こんにちは。

ついに愛知県にも冬がやってきました。

冷たい空気と共に届いたもの、それは待ち侘びていた、Tabrikの第一便です。


アレもコレも素敵で気が急いてしまいますが

今日はフェブリエでは初めてのニットをご紹介。



6分袖のモヘアニットです。

短い袖のニットってなんだか萌えます。

あと、実はとても実用性が高い。

パソコン、家事、書類、手を動かす作業には最適なんです。

・・それはさておき

 



このバランス。

 





素材。

見頃はシルク糸とモヘアを引き合わせて編まれたミックス。

そしてお袖はモヘアオンリー。

特にこの袖の柔らかさ、とろけてなくなりそう。



ブラックがよりミックス感が伝わりますね。

 

 

ヴェリテのワンピに重ねて。


オネットのショールカラーコートのキャメルと。



ベルベットローブと。

このようにドロップショルダーがしっくり馴染みますね。



最後にワンショルダースカートと。

コレが一番お気に入り。

可愛すぎるよー!

って叫びたい。

だから閉店時間過ぎてもここで熱く、熱く語っています。

寒い冬を超える必需品としてのニット。

軽やかなニットは今季のテーマそのもの。


ポーランドのジプシー詩人パブーシャ。

厳しい冬を音楽と共に越えてゆく

羽根のように軽く

大地を歩けるように






昨日も書きましたが

小さな頃から、多分おばあちゃんと言われる年になるまで

ずっとワクワクと寝られない幸福感を与えてくれるのは

やっぱり大好きなお洋服だけなんです。


そんな気持ちを皆さんにもお伝えしたい一心で

書いてしまいました。

ぜひオンラインでもご覧くださいね。

 

 

11/30追記

こちらのニットはお手洗い可能です。

 

 

 

おまけ




お歳暮もらいました・笑

人参も嬉しいけど

爆笑でスカッとさせてくれる事がもっと嬉しい!

今度はラーメン行きましょう!


ではでは今日もありがとうございます。

 

| Tabrik(タブリク) | 17:57 | comments(0) |フェブリエ|