Cherry Town 2F-H,2-3-5,tatsuminaka,okazaki-city,AICHI,444-0879
アナタガ、スキタカラー!



こんにちは。

最近、ブログのネーミングが古いですよね。

最初は「好きだからこそ」にしようと思ってたのに

インパクトが足りない。。

あれです。チャングンソクの「アナタガ、スキタカラー!」ですよ。

若い方はわからないですよね。いいんですいいんです。



オーバーオール。

大好きだからいくつになっても着続けたい。

だけど無理してるおばちゃんになりたくないんです。

だから今週は鬼のように各ブランドから納品が来てるのに

一旦置いといて、ヤーモ2型のみと向き合い、どんなコーデにするのか考えました。

私の中の絶対条件はお店の中で販売しているアイテムの中からコーディネートする事。

私物とかNGです。

先ずは

上質な素材。





ユライヤのシルクのカフタンブラウス、

コツは色を同系色でまとめる。

靴だけ白で春らしくね。



さらに同素材のラボコート羽織ってセットアップ。

うぉー、シブい!

アイアンというこだわりまくった色目が主張してくれて存在感ありあり。

お次に

一番私らしいかな、と思うのが



カシュクールと。

これは入荷してるんです。ごめんなさい。もうすぐ紹介しますね。



閉じてもオキャワ。(オーバーオール見えんがな)

ここまできて

(あれ、この色、これだけかっこいいからあえて大人っぽくしなくても

いけるんじゃないか?)

と思い、ハズシしをやめてどストライクにヤーモコーデで行ってみたら・・・



あ、全然だいじょぶだわ。



むしろこれでオッケーだったわ。

と、一周回って元に戻る結果に。

でもでも、どのコーデも良いと思いませんか?

私は3年前くらいの同じのを持っていますが今回は

柔らかいコットンでこの色。

すごく良いです。買い直したいくらい。

大好きなオーバーオール。

ずっと好きだからこそ、その時の自分にフィットした着こなしを

楽しんで頂きたいな〜と思います。

もっと歳を重ねたらどんな着こなしが似合うようになっているんだろう?

そんな風に考えると益々これからの自分が楽しみになりますね。


私のコーデの提案が

褒められ、信頼される事も増えてきて

とてもやりがいを感じています。

新入荷のアップだけでなく、

フェブリエならではの楽しみ方をもっと広げていきたい。

どのブランドを扱うかだけでなく、その中の何を選んで

どんな着こなしを提案するか。

一生かけて続けていきたいと思えるこの仕事。

学生の頃は一番ナメてた職業だったなぁ・・笑


ヤーモはこれにて完納となります。

ぜひご覧くださいね。

http://fevrier-2.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1346190&sort=n









 

| Yarmo | 13:16 | comments(0) |フェブリエ|
ゾワゾワっとくるところは



こんばんは。

すっかり夜です。

遅くなってしまいましたが今日は絶対にヤーモを紹介したい!

なのでお付き合いくださいね。

フェブリエのお洋服はギャザーとかフェミニンとか

どこかヨーロッパを意識させてくれるもの。がメインです。

私が好きだからというのもありますが、どうも得意なようで

得意なことを伸ばせと岡崎ビジネスサポートセンターで教え込まれて

そのまま突き進んでいます。

だけどそれらを引き立たせてくれる、もう一つ大好きなものが

ワークブランドのお洋服です。

これは得意!とは言い切れませんが大好き!

だからなるべく軽くてフェブリエのお洋服と引き立てあうものをセレクトしています。

今回はもうね、これがとにかく良いのです。



オーバーサイズシャツ

勝手にビッグシャツと呼んでいます。



こんな大きな後染めのシャツ。

アウターとしてもかなり大きいサイズです。



これを襟を後ろにクッと抜いて袖をクルクルっと巻いて

手首を見せるとまあ素敵。



これくらい抜いても良いですよ。


ヴェリテのチノパンにサスペンダーを付けると

シルエットが決まります。


どこが一番ゾワゾワっとくるかと言いますと、



ここです。

大きすぎるアームと見頃から生まれるたわみとカーブ。

あーやっぱり良いわー。ジュルッ。


最初はボトムはスッキリさせた方が良いかな〜と思いましたが

ワイドでも細身でもどっちも同じくらい良い。

なのでお好みで使い分けてください。

ホワイトももちろん良いけどこのシックさと爽やかさを併せ持った

グレーが良いお色。

欲しいな〜欲しいな〜買いすぎなんなけど欲しいな〜・・悶々。

そしてギャザードレス。



これもね、同じように後ろに抜くとシルエットが後ろ下がりになって

とっても良かった!

サボった訳ではなく、他にも合わせてみたけどやっぱり

このヴェリテのチノが合います。

袖もクルクルさせてみました。



バングル必須。




ギャザードレスと聞くと可愛いイメージがしますが

やっぱりヤーモ。

甘さがほぼありません。

イメージはカバーオールのようにガバッと被る感じ。

ワークだから袖も襟もきちっとし過ぎず

崩して着るのがカッコいい。

後染めのコットンの裾のクシュクシュっとした風合いも

カッコいい。

そこへフェブリエならではのアクセサリーを付けたら

はい完成。

なんだかワクワクしますね!

あと一つ、コートをご紹介したかったのですが

どうしても、シャーリングワンピに重ねたくって

明日、撮影し直すのでまた見ていただけたら嬉しいです。

頭の中で色々シュミレーションして何時間も撮影して、

最後の方に正解が見つかったり、

今回のように撮影後に正解が見つかることも。


だからやめられないんですね。


ヤーモ、ぜひご覧ください。

http://fevrier-2.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1346190&sort=n

今日もたくさんのご注文やご来店ありがとうございました。












 
| Yarmo | 19:06 | comments(0) |フェブリエ|
諦めると出会える




こんにちは。

増税前だからでしょうか?

毎日ご注文、ご質問でアワアワしております。

みなさんありがとうございます!

質問で多いのがコート。

もう皆さん、コートパトロール始めていますね〜さすが!

ヤーモの今季最後の商品がこちら。



布団のようなキルティングコートです。

正直、見つけた時は「やっと出会えた・・・」

などと呟いてしまいました。

ダウンやキルティングコートで好みのものにはもう出会えないと

諦めていたからです。

冬の屋外イベントや子供の行事など半日以上、外にいること、

意外と多いんですがそんな時に着ていくお気に入りのアウターが無くて。

20年選手の破れたダウンを着ていました。

だって欲しいの売ってないんですもん。

いかにも主婦って感じのみんなが着てるのは絶対着たくない。

気に入ったのがあっても10万越えのあのブランドとか。

もっと気軽に着れて手持ちの洋服に馴染むもの。

作ってくれてありがとう、ヤーモちゃん。



そう、あのラボコートの形です。



裏が総キルティング。

ポリエステルで軽い。

まるで布団なんです。





ボタンは一つ開けてもカッコいい。



全部閉じて着るとこのボリューム。

分かります?



だからボタン一つ開けるとスッキリ見えますよ。





何というか・・・イメージはモードです。



ギャルソン、ヨージ・・・

若い頃、憧れていたあのブランドのように

ボリュームたっぷりのAラインを楽しめます。

太って見えますか?
ボリュームありますか?

そんな野暮なことは聞かないでください。

答えはイエスです。

その代わり、最高の暖かさと格好良さをお約束します。


多分、何度かお布団としてリビングで寝てしまう自分が

想像できます笑。



ヤーモはこちらから
http://fevrier-2.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1346190&sort=n


ちなみに最後の画像で合わせているスモックワンピ。

こちらも私の中ではかなりモードを感じていましたところ

あのモードといえば、のスタイリストさんがかなり気に入って雑誌で大きく取り上げたそうです。

あーなんか嬉しい!

ガバッと着て様(さま)になるヤーモ。

ぜひご覧ください。


今日もありがとうございます。


こちらのキルティングコートは再入荷も含め

完売となりました。

誠にありがとうございました。





 

| Yarmo | 17:08 | comments(0) |フェブリエ|