Cherry Town 2F-H,2-3-5,tatsuminaka,okazaki-city,AICHI,444-0879
ひとつひとつ。




ある日届いた一枚の封筒。

ハガキ一枚で届くことの多い展示会の案内ですが

今期のカタログ、円状のDM、ブランドの紹介、と

そこには自分のブランドをより知って頂きたいという気持ちが篭っていました。


それでも疑り深い私。

ボンヤリとしたイメージで

ほんわりと可愛らしいお洋服を作るブランド、

素敵だけれど少し若過ぎるかな、というイメージでした。

展示会で実物を見て、「違う」、と思ったら止めようと

気持ち半分で伺ったその場所。

(ここで展示会を行うブランドは間違いない)

そう記憶しているあの古いマンションの一室でした。

そうしてゆっくり眺めて話しながら細かいところまで目を凝らし・・・

この辺りではもう決めていました。



そう、このブランドのアイコンといってもいい

「追憶のスモックドレス」

はじめましてはまずこちらから。





優しく包み込むような柔らかなガーゼ。



アンティークのスモックとメディカルウェアをミックスさせた

デザインは見頃はゆったりで袖は短め。

古い洋書がよく似合う。



タブリクに合わせて大人っぽく。





裏のタグもつけたままにしたい。


そして最後は・・・




ボタン。

・・・・ほら、フェブリエにぴったりでしょ!

ようこそフェブリエへ!





石ひとつひとつ

木々の梢ひとつひとつ

雲ひとつひとつ

水の光ひとつひとつ


長田弘
いちばん静かな秋より



カタログの一番最後に添えられた詩


北海道に根をおろし

日々を大切に生きるご夫婦

メールのやり取りひとつひとつにも

真っ直ぐで

丁寧で

真摯に向き合う姿が感じられ

あ〜良き出会いを頂いちゃったな〜と

嬉しさを噛み締めながら

皆様にご紹介しております。

ぜひ。

 

http://fevrier-2.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=2078876&sort=n

 

売り切れでも追加可能な場合がございますので

お気軽にお問い合わせください。
 

| 新入荷 | 17:37 | comments(0) |フェブリエ|
「本来の意味」




珍しく連日のブログアップです。


じっくりご紹介したいと思いながらも、店頭に出しながら

撮影、画像加工、オンライン用の文章を考え、入力、間違いないか何度もチェック・・

と言う中でブログまでたどり着く前に売り切れ・・と言うことが多々あり、

嬉しくもありますがやっぱり遠方の方にもじっくりご紹介したいのです。




BEAUTIFUL SHOES

初めて知ったのは雑誌だったかな・・何年も前です。

それは美しいハイヒールでした。

(とっても素敵。だけどもう履けないな・・)

そして実際に購入したのが3年前の冬。

バレエシューズにムートンが貼られた大好物が詰まったペタンコ靴。

自分へのボーナスに、でした。

そして履き慣らした頃、昨年冬に1本のお電話を頂きました。

(またEC系の勧誘かなー)と受話器をとると

「初めまして。私、ビューティフルシューズの・・・」

「今履いてます!」

良きご縁を頂きました、




サイドゴアブーツを足首でカットしたようなデザイン。

その分重くない。

スッキリとした大人のコーデが楽しめます。



白いハカマパンツ から覗く姿も良いですね。

でもフェブリエらしさを考えた時、オススメしたいのは

こんな合わせです。



ギャザーワンピースに。

シュッとしたブランドに合わせるのは他のお店さんがやってるから

見慣れていると思います。

それはもちろんのこと、

こんな風に



たっぷりのワンピースに合わせても締まる。

こんな楽しみ方もすごく良いと思いません?

 

「美しい靴」と言う意味の靴は

 

「履く人の足を美しく見せてくれる靴」と言う意味だったんだと

 

はいて気付かされました。

 





レザーソールなので

ラバーを貼るのがオススメです。





確かな技術に裏付けされた丁寧に作られた靴。




この箱がうちのお店に並んでいる事が

じんわり胸に来るものがあります。

23〜24.5cm

ぜひご覧ください。

http://fevrier-2.shop-pro.jp/?pid=144424262




1歩1歩、歩んできたら気付いたら違う景色が見えていた。


今日もありがとうございます。















 

| 新入荷 | 16:30 | comments(0) |フェブリエ|