Cherry Town 2F-H,2-3-5,tatsuminaka,okazaki-city,AICHI,444-0879
ヴィンテージドレスのように・・・



今日は娘の体育大会。

暑かったー!!

日光アレルギーの私にはかなりキツかったけど本人たちはもっと大変よね。

頑張った頑張った!




さて。今週火曜のこと。

展示会3つハシゴしてヒイヒイなんだけど

帰りの新幹線まで時間があったのでそう言えば・・・

と合同展示会に行ってきたんです。

フラフラしてたらあるブースに気になるものが。

それがこのワンピースです。



まるでヴィンテージドレスのようでしょ!

なんか、なんだか惹かれる気持ちを抑えきれませんでした。

バイヤーとしていつも、「良いもの」はもちろんのこと、「面白いもの」を

求めている自分がいます。

ブランド、生地、ライン、拘り抜いて作られた作られたものは勿論、

大好きでたまらないけれど、箸休め的な、面白くて可愛くって

フェブリエの中にあっても何処か馴染むもの。

まさに今、求めているものでした。





袖のチュールは重ね着で覗かせたり。




脇のタッセルも大好物。




ニットガウンに合うよな〜って真っ先に思いました。



ブラックは大人な雰囲気。



赤いトロミのあるローブに合う〜。。



ロングジレにもね。

袖にはアンティークビーズのバングル合わせてます。


ブラウスとしてエプロンワンピやジャンパースカートに重ねたりしても便利です。

税抜き13000円



カディコットンでサラサラなので贅沢にネグリジェにしても良いかもです。


普段はついついより良いものを求めていく余り、

自然と価格もより高くなってしまいます。

きっとお客様も素敵だけれど高い・・・

って思われるでしょう。

程よく可愛く、でもファッションとして充分に楽しめるもの。

ブランドに頼らずにこういうものを探し続けて

面白がっていきたいな〜と思った東京の1日でした。

今日もありがとうございます。












 
| 新入荷 | 17:35 | comments(0) |フェブリエ|
突き動かされる



こんにちは。

まだまだ暑い日が続きますね。

先週の金曜に展示会へ行ってきました。

その中でmindyさんの作品を少し持って帰ってきましたので

ご紹介。





木と山羊革のバッグです。

素材の形を最大限に活かし、自然への敬意を払い作られている

作品。

普段、コーデの提案や、こんな風に着たら合わせやすいですよー

なんて事をよく書かせて頂いていますが

時にこんな風に、あれやこれやをすっ飛ばして

私の真ん中に突き刺さってくるものがあります。

ミンディさんの作品もそうです。



木にビョウが打ってある。そそられる瞬間。



タグは見せても隠しても。

・・・と言いつつですね、

肩にも掛けられる。嬉しい機能(笑)




「身に着けるアート」

などと言われるフクシマミキさんの作品は

フェブリエの良きスパイス。

いつものお洋服も一気に違った雰囲気にガサーッと持ってってくれる感じがします。



アムレットブローチ。

お好きな石や御守り、お薬など入れて。



ストールにこうしてね。




時を超え、海を越えてやって来たヴィンテージパーツ。

私の元へようこそ。


(オーダーしたものもございますので、そちらは後日

 

改めてご紹介しますがアムレットネックレスやブローチは

 

追加の入荷はございません。)

 

 



特にタブリクやトキホように

ファッションオタク(良い意味で)、

強い意志を持ったお洋服に良く合います。

デザイナーさんのタイプも似てるかも。

こだわってこだわって挫けてもこだわって

そうして生まれてきた作品はやはり人の心を打ちます。

「突き動かされるものたち。」

私たちの背中をそっと押してくれるものたち。

ぜひご覧いただけると嬉しいです。















 

| 新入荷 | 16:48 | comments(0) |フェブリエ|